アニメ会社放火 青葉容疑者を別の病院に移送 警察

京都市の「京都アニメーション」のスタジオが放火されて34人が死亡した事件で、全身に重いやけどをして市内の病院に入院していた青葉真司容疑者が20日午前、やけどの治療を専門とする大阪府内の病院に移送されました。京都アニメーションの社長は、青葉容疑者について「名前を聞いたことがない」などと話していて、警察は青葉容疑者が一方的に会社に恨みを抱いて事件を起こした可能性があるとみて調べています。


気象庁 長崎特別警報 「緊急に避難を」

気象庁の梶原靖司予報課長は、20日午前11時から記者会見を開き、「特別警報を発表した市町村では、これまでに経験したことのないような大雨となっている。土砂崩れや浸水による何らかの災害がすでに発生している可能性が極めて高く、直ちに命を守るために最を尽くす必要がある警戒レベル5に相当する状況だ」と述べました。


長崎県 五島と対馬に大雨特別警報 命を守る行動を

大型の台風5号の影響で、長崎県の五島と対馬では、平年の7月1か月分の雨が、1日で降るような記録的な大雨となっていて、気象庁は20日午前、大雨の特別警報を発表しました。気象庁は、すでに重大な災害が発生している可能性が極めて高い状況だとして、少しでも命が助かる可能性が高い行動を取るよう呼びかけています。