非常に激しい雨「線状降水帯」で数時間降り続くおそれ

活発な前線の影響で、九州北部で局地的に1時間に50ミリを超える非常に激しい雨が降っています。西日本と東海では20日夕方にかけて非常に激しい雨が降り、特に九州や四国の太平洋側では、同じような場所に数時間、降り続くおそれがあり、気象庁は土砂災害や川の急な増水などに警戒するよう呼びかけています。


20日にかけ非常に激しい雨 局地的に数時間続くおそれも

前線の影響で西日本や東海ではこれから20日にかけて1時間に50ミリから70ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。特に九州や、四国の太平洋側では発達した雨雲が線状に連なる「線状降水帯」ができて局地的に非常に激しい雨が数時間続くおそれがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水などに警戒するよう呼びかけています。また、大阪府北部を震源とする地震で揺れの強かった地域では少ない雨でも土砂災害が起きるおそれがあり、十分注意が必要です。