このようなレコードに出会うのが楽しみだ。演奏の方はもうどうでもよく、興味がわく。

第2楽章の途中で裏返しする必要がある。CD化されない理由にもなるところ。こうしたレコードが、CD化されても気が付かない点でもある。更に誤った認識を招いているものも多い。

 

    

Bernstein Conducts Bruckner / Symphony No. 9

Leonard Bernstein 指揮 The New York Philharmonic Orchestra

Columbia Masterworks (M 30828)

 


このようなレコードに出会うのが楽しみだ。演奏の方はもうどうでもよく、興味がわく。

第2楽章の途中で裏返しする必要がある。CD化されない理由にもなるところ。こうしたレコードが、CD化されても気が付かない点でもある。更に誤った認識を招いているものも多い。

 

    

Bernstein Conducts Bruckner / Symphony No. 9

Leonard Bernstein 指揮 The New York Philharmonic Orchestra

Columbia Masterworks (M 30828)

 


このようなレコードに出会うのが楽しみだ。演奏の方はもうどうでもよく、興味がわく。

第2楽章の途中で裏返しする必要がある。CD化されない理由にもなるところ。こうしたレコードが、CD化されても気が付かない点でもある。更に誤った認識を招いているものも多い。

 

    

Bernstein Conducts Bruckner / Symphony No. 9

Leonard Bernstein 指揮 The New York Philharmonic Orchestra

Columbia Masterworks (M 30828)

 


早すぎたモーッアルト。2大体勢のアポロ計画。

 

    

Bernstein Conducts Mozart

Leonard Bernstein 指揮 The New York Philharmonic Orchestra

Columbia Masterworks (M 30444)

布石にはなったが、20年後に無敵のジュピターを誕生させる。


早すぎたモーッアルト。2大体勢のアポロ計画。

 

    

Bernstein Conducts Mozart

Leonard Bernstein 指揮 The New York Philharmonic Orchestra

Columbia Masterworks (M 30444)

布石にはなったが、20年後に無敵のジュピターを誕生させる。


常に明朗快活、もったいぶった深刻さとは無縁のロッシーニの音楽、、、このレコードに何を求め、聴く?

常に明朗快活、もったいぶった深刻さとは無縁のロッシーニの音楽。

ニューヨーク・フィルハーモニックは、バーンスタインの指揮のもと、よく弾むリズム、熱い血の通ったフレージング、それに各セクションの名技性で聴かせる。楽曲表現、演奏面は申し分ない。これもまたバーンスタイン唯一の録音だ。

 

 

 

    

Bernstein Conducts Favorite Rossini Overtures
Leonard Bernstein指揮 The New York Philharmonic Orchestra
Columbia Masterworks (ML 5933) モノラル盤
収録曲
ロッシーニ
A-1. L’Italiana In Algeri – 歌劇「アルジェのイタリア女」序曲
A-2. Il Barbiere Di Siviglia – 歌劇「セビリャの理髪師」序曲
A-3. La Scala Di Seta – 歌劇「絹のはしご」序曲
B-1. La Gazza Ladra – 歌劇「どろぼうかささぎ」序曲
B-2. Semiramide – 歌劇「セミラーミデ」序曲
1963年3月27日(2)、1963年1月15日(4)、ニューヨーク、フィルハーモニック・ホール、 1960年4月10日(5)、1963年12月2日(1)、1960年9月28日(3)、ニューヨーク、マンハッタン・センターでの録音。

ニューヨーク・フィルハーモニックホールへの移動の合間をぬってセッションが組まれたのだろう。気にならないように曲は配置されているが、マンハッタン・センターでの録音に軍配が上がる。


常に明朗快活、もったいぶった深刻さとは無縁のロッシーニの音楽、、、このレコードに何を求め、聴く?

常に明朗快活、もったいぶった深刻さとは無縁のロッシーニの音楽。

ニューヨーク・フィルハーモニックは、バーンスタインの指揮のもと、よく弾むリズム、熱い血の通ったフレージング、それに各セクションの名技性で聴かせる。楽曲表現、演奏面は申し分ない。これもまたバーンスタイン唯一の録音だ。

 

 

 

    

Bernstein Conducts Favorite Rossini Overtures
Leonard Bernstein指揮 The New York Philharmonic Orchestra
Columbia Masterworks (ML 5933) モノラル盤
収録曲
ロッシーニ
A-1. L’Italiana In Algeri – 歌劇「アルジェのイタリア女」序曲
A-2. Il Barbiere Di Siviglia – 歌劇「セビリャの理髪師」序曲
A-3. La Scala Di Seta – 歌劇「絹のはしご」序曲
B-1. La Gazza Ladra – 歌劇「どろぼうかささぎ」序曲
B-2. Semiramide – 歌劇「セミラーミデ」序曲
1963年3月27日(2)、1963年1月15日(4)、ニューヨーク、フィルハーモニック・ホール、 1960年4月10日(5)、1963年12月2日(1)、1960年9月28日(3)、ニューヨーク、マンハッタン・センターでの録音。

ニューヨーク・フィルハーモニックホールへの移動の合間をぬってセッションが組まれたのだろう。気にならないように曲は配置されているが、マンハッタン・センターでの録音に軍配が上がる。