スポーツ選手の移籍制限 「問題ある可能性高い」公取委の会議

スポーツ選手のチームの移籍や、個人で仕事を請け負う「フリーランス」の活動などを制限する契約について、公正取引委員会の有識者会議は、企業側が優位な立場を利用して個人の自由な働き方を妨げているとして、独占禁止法上問題がある可能性が高いという結論をまとめました。