鹿児島 男児切りつけ 逮捕の保育士“仕事など悩み 手が出た”

鹿児島市の認定こども園で、21歳の保育士が男の子を刃物のようなもので切りつけたとして、殺人未遂の疑いで逮捕された事件で、保育士が「仕事や人間関係で悩みを抱え、精神的に追い詰められていた。子どもに対して思わず手が出てしまった」という趣旨の説明を、接見した弁護士にしていることが関係者への取材でわかりました。


神戸 高校生刺殺事件 遺族が元少年と両親に損害賠償求め提訴

14年前、神戸市の路上で当時、高校2年生の男子生徒を刃物で刺して殺害したとして、元少年に1審で実刑判決が言い渡された事件で、男子生徒の遺族が、元少年の両親が監督や指導を尽くしていれば事件は防げたなどとして、両親などにおよそ1億4900万円の損害賠償を求める訴えを起こしました。


巨大IT企業を規制の新法 参院本会議で可決・成立

スマートフォンの分野で優越的な地位にある巨大IT企業を規制するための新たな法律が12日の参議院本会議で可決・成立しました。法律では競争の妨げとなる禁止行為をあらかじめ示し、違反した場合には売り上げの20%を課徴金として支払わせます。専門家は「競争が導入されれば手数料とかアプリの値段にも反映されていくと考えられ、消費者にとってプラスの面があるのではないかと思う」と話しています。


ことし初の猛暑日 熱中症で搬送も 梅雨時期の対策・注意点は

12日は、西日本から北日本にかけての広い範囲で晴れて気温が上がり、福島県では最高気温が35度を超え、ことし初めての猛暑日となりました。この暑さで、都内では熱中症の疑いで救急搬送された人もいます。一方、梅雨入りしていない地域も多く、今後、湿度が高くなる時期を迎えるため、熱中症へのさらなる注意が必要です。